FC2ブログ

Welcome to Valbarossa Blog





今までプレイしたネットゲーム


mail.png

お問い合わせはこちらのメールアドレスまで。
相互リンクは募集していません。
Aurigaが本家から落とせなくてお越しになった方はこちら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中下段を混ぜればどうにでも成る

過疎がますます進むこのゲームで、どのようにして遊んでいくか。チーム戦しかありません。
道場や階級が実装されれば救い様がありますが、過疎具合が酷く時間帯によっては相手が居ない状況。酷すぎる。

01.png


八極がつらい。本気で言っているのでしょうか?
日本の心なんてキャラクター名で柔道をしておいて、一度完敗すると強制退場させるような輩も居る始末。
強制退場のシステムには困ったものです。

それはそうと、3on3部屋で遊んでいるとが現れました。

02.png


HellBites氏の成績です。
ショートカットキーが使えないエキスパートで752勝0敗!その大半がパーフェクト勝利と言う凄まじい拳王様です。
恐らくはバーチャファイターの神であるちび太氏、2D格闘ゲームの神である梅原氏以上なのでしょう。

04.png


なんと…パーフェクト勝ちを逃してしまいました。回線の調子でも悪かったのでしょうか?
何はともあれ、このようなヒーロープレイヤーが居ると言うのは目標が出来て宜しい事ですね。ランキングも上位のようですし、倒す機会を待ってみましょう。

スポンサーサイト

覇拳伝

二週間程前、ニコニコ動画で覇拳伝のバナーを見つけ、オンライン格闘ゲームという事で期待しつつクライアントのダウンロードを済ませたのですが、クローズドβが終了した後と言う悲しい出来事がありました。
面倒なID作成までさせておいて、サイトのトップに「終了しました」の一言も書かない辺り、さすがガンホーといったところでしょうか。

肝心の内容ですが、「○○+○○を○○で割った感じ」なんて事は無く、バーチャファイターそっくりです。
ガード方法は、鉄拳のようにキャラクターの反対方向にレバーを向けるのではなく、ガードボタンが配置されています。

style_hakkyoku_head.jpg


今回僕は八極拳のキャラクターを選択しました。
攻撃後の隙が多いとありますが、現時点で確定反撃技の有無が分からないそうなので、さほど気にはなりません。
このキャラクターが強いのかと言うと、オープンβが始まったばかりの今は楽に勝利を重ねる事が出来ていますが、周りのプレイヤーが慣れてくると厳しそうです。
テコンドーが非常に強く、適当にPを連打していても勝てる事が多いそうです。強力な下段攻撃も備えており、露骨なお国補正が掛かっているようです。(言うまでも無く韓国産です。)

system_kaikyu_list.jpg


レベルの他に階級システムもあり、エキスパートロビーで戦闘すると階級が変動するそうです。
道場と呼ばれるクランのようなものは実装されていないので、早急に実装をお願いしたい所ですね。

クリップボード00


ゲームセンターの格闘ゲームと同じような感じのインターフェースをしており、ヒーローゲージが溜まるとヒーロースキルと呼ばれる連続技を発動させる事が出来ます。
2D格闘ゲームで言う所の超必殺技ですね。

クリップボード012


サーバーが貧弱なのか、格闘ゲーム故に同期が取れない事が多いのかは分かりませんが、「勝っても引き分けになる」「全く身動きが取れなくなり、数秒後にまとめて技が繰り出される」などの問題点を抱えており、酷い時はゲームになりません。

ゲームの内容的には素晴らしいと思うので、βの期間を重ねて発展していって欲しい限りです。

なんて事を言いましたが、酷い過疎なのでそう長くは続かない可能性が高いです。


クリップボード03


数時間かけて200戦を消化しました。皆さんもやりましょう!


IntelliPoint[62.36%]

新マウスと格闘している今日この頃ですが、ユーティリティにまで喧嘩を売られるようになってしまいました。

クリップボード00


サドンアタックをプレイしている時に出るようで、チェックを外して送信しないをクリックすれば済む話なのですが、どうも気持ちが悪いです。

クリップボード01


今日一番まともに働けた試合のスクリーンショットです。
実を言うと、2kill13deathの試合があったのですが、スクリーンショットの撮り方を忘れていました。
PrintScreenキーを押しても反応しないので、サドンアタックの再インストールまで済ませ再ログイン。
その後クランメンバーに聞いてみると、F8キーで撮ると言う事を教えてもらえました。馬鹿ですね。

久々にプレイすると色々な事に気づくもので、成績は悪いながらも考えながらプレイ出来たような気がします。

New Device

不慮のマウスパッド破損から早数週間、ドリフトシティをプレイして凌いでいましたが、やっとサドンアタックをプレイ出来る環境が整いました。
本来であればマウスパッドを購入するだけで良いのですが、「どうせなら」とマウスも購入してみました。

今回購入したものは以下の通りです。

intellimouse.jpg


Microsoft Intellimouse Explorer 3.0

購入前に畳が写真を撮ってくれていたのに加え、様々なレビューサイトで言われていた事なのですが、やはり大きいです。
比較的手が大きくない部類に入る人間としては、少々の違和感を感じました。
左側に位置するサイドボタンは、緩く設計されているようで、軽快なブラウジングを実現してくれています。但し、これにはデメリットもあるようで、誤って押してしまうと大変な事になる場面には困ってしまいますね。
しかしながら、アドオンを入れなければマウスジェスチャが出来ないとFirefoxに関して嘆いていましたが、一気に解決しました。(↓←=戻る なんて面倒な事をしなくても良いですし)
肝心のFPSでの感想はと言うと、前述の通り大きさが災いし、慣れるのにかなりの時間を要しそうです。
分かっていて購入したので、後悔は当然ありません。慣れるまで適当に頑張ります。

ac171-2124z.jpg


SteelPad Qck mini

これに関しては問題は全くありません。個人的に100点です。今まで恐ろしく小さいサイズの安物を使っていたので感動ものですね。安定感も抜群です。
キーボードとマウスを配置しているデスクの部分の大きさから、「大きすぎると困るなぁ」と思っていたのですが、程よい大きさで安心しました。miniで無ければ危なかったかもしれません。

何も調べていない段階では、両方を合わせて1万円程必要かと思っていたのですが、その金額の半分以下で手に入れる事が出来たので、久々に良い買い物をしたと感じました。

Akita

ドリフトシティを始めてから17日が経ちました。
初日こそ半日プレイし続ける程楽しめましたが、ソロプレイで出来る事の少なさに改めて気づき、モチベーションが底をつきました。

クリップボード01


HUV狩り待機ならまだしも、調整までして妨害をする輩まで現れる始末。
チームもしっくりくる所が無く、出たり入ったりの繰り返しで疲れ、楽しさが消えてしまいました。

クリップボード02


クリップボード03


肝心のバトルでは、最早笑う事しか出来ない状況に巻き込まれる事が多くなりました。
2枚目はワンツーフィニッシュ寸前に味方に押し込まれ、数秒後かなり後方へ戻される図。

あまりのバグの多さに萎えてしまった上、マウスパッドが届くので終わりですね。
とりあえず感じた事を4つほど。

  • ウォールハックばりのバグは直して欲しい。
  • バトルでの第一ゲートはスキッドラッシュを無くして欲しい。(というよりもスキッド自体要らない)
  • バトルでの一般車両との激突時に起こるダメージ設定がよく分からない。
  • V5以上のマシンに乗っているユーザーはマスター以上でしか遊べないようにして欲しい。
あくまで僕の視点からのものなので、「それはねーだろ」ってのもあると思います。(特にスキッドラッシュ)

クリップボード01

多分これが最終戦績になりそうですね。お疲れ様でした。

クイックサービス厨

β参加当初から感じていた事なのですが、バトルはあまり人気が無いような気がします。HUV狩りを延々とこなしてる人々が多いのでしょう。

僕は知り合いが全く居ない上に、野良PTで馴れ合い会話をする能力が全く無いので残念ながら効率厨にはなれません。
そんな訳で、バトルともう一つの楽しみであるクイックを重点的に行っています。

最短ラインを見つける為に、色々な走行ラインを試したりと意外にタイムを削る作業が楽しいです。パーティを組んで常時ブーストを掛けている人も居るらしく、上位の記録には全く及びませんが、40位ぐらいには位置することが出来るようになりました。

ただ…

クリップボード01


カーブを曲がると右側通行で突っ走ってくる輩が居たり

クリップボード03


上記の効率PTでHUVを追いかけてスラローム走行する輩が居たり

クリップボード02


最重要コーナーのすぐ先でHUV待ち停車をしている輩が居たり


こんな具合で、調子が良くても接触して駄目になってしまうような事が高確率で起こる為に、記録を出すのは並大抵の努力では成し得ません。多分。
これらは全て彼らが悪いのでは無く、システムの問題だと僕は思っています。タイムアタックぐらい接触判定を無くして頂きたいものと考えますが、どうでしょう?

クリップボード04


今日までの戦績です。そろそろレベルが上がらなくなってきました。
バトルは敗北すると経験値が100も入らない為、効率が悪いとのこと。マスターチャンネルが盛り上がってくれれば良いのですが、もう少し先の話になりそうです。
廃人さんにLv60の方が居ると小耳に挟んだのですが、恐ろしい限りですね。


それはそうと、昨日とんでも無い事に気づいてしまいました。とんでも無い事とは何かと言うと…

僕が使っていたヘッドフォンがモノラル状態だったと言う事です。

厳密には、延長するのに使っていたコードのせいでそうなっていたようです。
前々から、音楽を聴くと演奏がおかしい曲があったりと少しは感じていたのですが、まさか両方から左側の音しか出ていないとは思いもしませんでした。
そして一番重要なのがサドンアタックです。どちらから敵が来るのか、足音の方向が全く分からない状態で苦労していたので、早くプレイしたい気分になってきました。


スッデン休業中

ドリフトシティの登場に加え、マウスパッドが完全に死んでしまったのでサドンアタックはしばらく出来そうにもありません。
どうせなら良いマウスパッドでも…と考えているのですが、その前にノートパソコンの発熱が酷いので、GENOで売っていたクーラーを先に購入します。

クリップボード01


レベルも30を超え、スープラを購入する前にCoMoDoことアウディTTを手に入れる為にクーポンを目指したのですが…

クリップボード02


80回の段階で100回となってしまっているようです。表示バグのようで、素直に喜べません。何ともバグが多すぎるような気がします。
北米や韓国で運営しているそうですが、そちらも正式サービス後もバグだらけなのでしょうか。

クリップボード03


最近では稀にニコニコ動画ユーザーが全体チャットで大暴れ。
訳の分からない内輪ネタを垂れ流す始末。まだβ開始直後に全体チャットで暴れていたパソオタのほうがマシです。

嗚呼、僕はニコ厨が嫌いになりました。VIPPERを支持しましょう。

クリップボード04


目糞鼻糞でした。

クリップボード05


走行距離も10,000kmを超え、中堅プレイヤーぐらいには位置させてもらえるレベルになったのではないでしょうか?
それにしても、このゲームはレベルを上げる過程がとても楽しいように感じられます。
「しんどい」と言いつつ狩りを続け、その先にある武器を装備する為に苦痛に耐えるその辺にMMOに比べて、何と素晴らしい事でしょうか。

まだ少し続けられそうです。

ROMEO.jpg


次はLv.54のロメオことエリーゼ・エキシージに向けてスープラで頑張ろうと思います。

ニコ厨死ね

ニコ厨死ねという言葉を皆さんは目にした事はありますか?こんなブログを見ている方はあると思われます。
昨日2chのニュー速VIP板を久々に見たところ、ニコ厨と呼ばれる人達はこれでもか!という程叩かれていました。
彼らにとってニコニコ動画の文化というものは、アスキーの西和彦氏にとっての2chみたいなものなのでしょうか。
まぁ、ニコニコ動画ではモータースポーツの類しか見ない僕にとって、独自の文化みたいなものは関係無いのですが…。

そんな訳で、モータースポーツ繋がりでドリフトシティとやらをプレイしてきました。

クリップボード00


実を言うと名前すら聞いた事が無かったので、最初はずっと運営されているゲームかと思っていると、6日にオープンβが始まったばかりだそうです。
WCGの統計を見る為にJaneを起動した際に偶々目にしたゲームなのですが、面白そうです。

スクリーンショットを見れば分かると思いますが、サドンアタックのプレイヤーが流れてきているようで、KeNNy氏のアゴ画像を掲げたプレイヤーが至る所で暴走している状態です。

クリップボード02
クリップボード03


ユーザー層は言うまでもありませんが、全体チャットが稀にいい具合な荒れ方をしていて楽しいです。

クリップボード04


当然レースゲームですから、タイムアタック的なものが存在します。それを妨害するのもまた一つの楽しみ方のようで、早速画像のように妨害に遭いました。

車同士が接触出来るからこそ妨害が可能なのですが、それによるバグも多く存在しており、行けない場所に行けてしまう事が多いです。
バトルと呼ばれるレース中にもバグが発生する事が非常に多く、壁をすり抜けてそのまま走行し続けると、スタート地点に戻されると言う深刻なものも存在します。

クリップボード05


このゲームの良い所の一つに、mp3ファイルを放り込む事によってゲームBGMを変えられるという点があります。

それだけであれば、「そんな事どうって事ないだろ」と思われるかもしれませんが、停止・曲選択・シャッフルモードなどに対応しており、「これは便利だ」と個人的には感じました。




車が実車と言う事もあり、今後韓国版並に車のカスタマイズが出来るようになれば、一層面白いのでは無いかと思われます。巷の噂では画像ファイルを貼り付ける事も可能になるそうで、Forza Motorsport 2並みの痛車も出てきそうです。
ゲームを始めた際にはハンゲーム程度の品質のゲームかと思っていたのですが、意外な面白さに驚かせてもらいました。

クリップボード02

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。