FC2ブログ

Welcome to Valbarossa Blog





今までプレイしたネットゲーム


mail.png

お問い合わせはこちらのメールアドレスまで。
相互リンクは募集していません。
Aurigaが本家から落とせなくてお越しになった方はこちら

HOME>ラグナロクオンライン

Crysis Server 2010

Crysis Serverを初めて公開してから早5年。
金銭的にも余裕ができ、多忙な日々を送る僕は放置していても育っていくゲームが再びしたくなりました。
そんな条件を満たす育成ゲームと言えば、僕の中ではエミュ鯖しかないわけで。

早速Yahoo!オークションでサーバー探しをすることとなりました。

今までのCrysis Serverを動かしていたサーバーと言えば、騒音を撒き散らし、メモリを多く搭載し、電源ユニットを2基搭載したようなものでしたが
自分の部屋に置く事を考えると、学生時代のような無茶も出来ないと判断して完全に無音なものを手に入れようと考えました。

そして考えて考えて入札した結果が…

クリップボード01

TDP 12WのVIA C3を搭載したファンレス・ゼロスピンドルサーバー上でAurigaを動かすことになりました。

メモリは256MB、ハードディスクはもちろんありません。
代わりに4GBのCFカードにOSをインストールしてあります。

このままではタウンプロンテラ以下なので、フラッシュメモリを2本刺してeBoostrをインストール。

次にメモリを増設しようとしたのですが、なんとこのサーバーが使用出来るメモリはPC133 SDRAMらしく、しかもロープロファイルでなければカバーが閉まらない事が発覚。
PC133 SDRAMの1GBを手に入れようと考えましたが、高いお金を払って使えなかったらたまったもんじゃないので、とりあえずは512MBを購入しました。
ただ、購入した時点ではサーバーの中身を一度も見ていなかった為に、ロープロファイルのものなんてもちろん選択していません。

クリップボード02

もうどうでもよくなりました。
これで壊れるまで動き続ける無音サーバーの完成です。めでたしめでたし。

さて、肝心のラグナロクオンラインの仕様はと言うと…

クリップボード03
クリップボード04

プロンテラ城を首都に、ヴァルキリーレルムとヴァルキリーレルムV3、そしてプロンテラだけを稼働させた自由度の極めて低いサーバーとなっております。
そして全マップでPKが可能で、攻撃出来る相手プレイヤーのレベルに制限はありません。

更に復活時、ポータル移動時の完全無敵時間は0秒。

スキルディレイ及び詠唱はなしという、適当に弄繰り回しただけのサーバーとなっております。

お暇な方は、是非Crysis Serverにお越しください。




コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】