FC2ブログ

Welcome to Valbarossa Blog





今までプレイしたネットゲーム


mail.png

お問い合わせはこちらのメールアドレスまで。
相互リンクは募集していません。
Aurigaが本家から落とせなくてお越しになった方はこちら

HOME>覇拳伝

八極拳やろうぜ その2

前回の記事を書いた後に、これまたお強い八極拳使いの方から戦い方を盗ませて頂いたりしました。
中々奥が深いものです。

クリップボード01


1P ドラゴン ステップ(中段・ダメージ15・19)
ショルダーチャージやダッシュエルボーといったコンボ始動技に組み込む技として優秀な技ですが、実はカウンターヒットした際にコンボ始動技としての役割も果たしてくれるのです。
相手の攻撃を避けた後に繰り出すと、意外と当たってくれるので非常に重宝できることでしょう。

1P(カウンター)→1P→PK(~ドラゴンステップ→パンチフロントキック) … ダメージ68。
今の所分かっている最大コンボ。相手を壁に追い詰めた状態で決まると、ドラゴンステップをもう一発当てる事が可能。

クリップボード02


K+G ミドル クレッセント(中段・ダメージ23・28)
間合いをある程度とってる時の様子見などに使っているリーチのある中段技。よく見ないと分からないかもしれないが、回転属性を持っているので、相手は避ける事が出来ない。
現状そのようなプレイヤーは少ないが、避けを上手く使ってくる相手と対戦する際には、有るのと無いのとでは大きく変わってくる技でしょう。
また、開幕に使うのも悪くないのではないでしょうか。

K+G(カウンター)→PK(~パンチフロントキック) … ダメージ52。

ミドルクレッセントがカウンターヒットした時のみに決まるコンボ。非常に使い勝手が良い。

クリップボード03


443P+K ヘヴンリィ ボディ チャージ(中段・ダメージ24・74)
少し後退してから強烈な打撃を与える八極拳屈指の大技。通称と呼ばれているらしい。
技に後退するモーションがある上に、コマンドが44(←←)となっている為、暴れテコン等を相手にする場合には、暴発させてしまったと思ったらカウンターヒットしたと言う事が多い困った技。
ガードの固い相手に使うには少々リスキーな技ではあるが、攻撃型の相手をする際には使っても良いのではないでしょうか。

クリップボード04


14P パーム オブ デストラクション(中段・ダメージ23・30(II))
バーチャファイターでいう結城晶の白虎双掌打に似た、両手で押し出すようなモーションの技。
ノーマルヒットではそのまま吹っ飛び、カウンターヒットでは尻餅をついたような感じになります。
ゼロ距離からカウンターヒットすると、もう一度14Pが当たるかもしれませんが、実用的では無いでしょう。
また、相手が不用意に起き上がり下段攻撃をした際には、リーチの長さを使って当てる事もそう難しくは無いです。
相手を追い詰めた際には、このパームオブデストラクション(14P)ヘルボゥ(P+G)等を用いてリングアウトを積極的に狙いましょう。

あと動画も撮ってみました。


コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】