FC2ブログ

Welcome to Valbarossa Blog





今までプレイしたネットゲーム


mail.png

お問い合わせはこちらのメールアドレスまで。
相互リンクは募集していません。
Aurigaが本家から落とせなくてお越しになった方はこちら

要求スペック

色々テストを行っていると、GM様がいらっしゃるではないですか。
ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、GMらびおり氏は前作ではASとして活動されていたプレイヤーの一人です。
何を血迷ったのか、アッピーオンラインが大好きなあまりSeedCに入社、ベテランGMの座に上り詰めた名誉廃人プレイヤーなのです。

クリップボード01

プレイヤー出身の彼は、とてもフレンドリー。
彼の存在は、間違いなくアッピーオンライン2を良い方向へ導いてくれることでしょう。

クリップボード02

調査中、回復薬を購入しようとしていると、前作では多大なるご迷惑をお掛けしたsarutobi氏を発見しました。
彼もまた、アッピーオンラインを愛しているので来ることは予想出来ました。

クリップボード03

sarutobになっているのは、文字数制限の為でしょう。
僕も同様の理由でカタカナになりました。
名前が途切れてもサルトビーと読める彼が羨ましい。

クリップボード01

そんなご迷惑をお掛けしたsarutobi氏へのせめてもの償いとして、彼の背後に敵を寄せ付けまいとボディーガードを努めさせて頂きました。
彼も喜んでいることと思います。

さて、冗談はここらで止め、タイトルのお話をしようと思います。

メインPC(Athlon 64 X2 5000+ 3.0GHz 2GB GeForce 7600GS)では、動画撮影をしても60fpsをキープ出来た為に、「2Dゲームだから当然だろう。」と思っていました。
しかし、あまりにも「重い重い」とおっしゃる方がいるようで、
最初は「どうせ環境が前作のまんまなんだろ?化石PC使ってる分際でほざくなよ阿呆」と考えていたのですが、少し調査してみることとしました。

今回調査に使用したPCは、以下のスペックです。

4984824731479.jpg

Let's Note W5A。
Windows XP Core 2 Duo U7500 1.06GHz 1GB 945GMSオンボードグラフィック

SAのクランメンバーも、この辺りのPCを使っている人が多かったので、アッピー2をプレイしている人にも居る事でしょう。

クリップボード01

まずは修練場の商人付近。 15FPS

クリップボード02

修練場での狩り(画面内にはMOBが1匹、PCキャラクター無し) 15FPS

クリップボード03

ドルロレ噴水前 3~5FPS


Let's Noteで動かしてみた結果は以上のとおりでした。
重い皆さん、阿呆とか言ってしまって申し訳御座いませんでした。

メモリも1014MB中、1002MBを使用するほど圧迫している状態で、もしかするとオンボードグラフィックに回すメモリが無かったのかもしれません。
何にせよ、XPでこの有様ですからVistaの場合はどうなることやら。

ただ、βになると設定を下げたりも出来るでしょうから、少しはマシになるかもしれません。
現時点では、公式に書かれているスペックがないと当然遊べませんよ。って感じなのですかね。

アッピーオンライン2

1月5日の15時にアッピーオンライン2のプレミアテストが始まっていたのですが、すっかりプレミアテストの存在を忘れていました。
アッピーオンライン時代のLieVoアカウントは全滅していた上に、掲示板に書き込んだ事すら無かったので、「無理だろう」と思いつつ申請していたのですが、何故かテスターに当選していました。

そのように期待もしていない、どうでも良いゲーム的な扱いなので、今日になってプレミアテストを思い出してプレイしてみた次第です。

クリップボード01

クリップボード02

クリップボード03

職業は前作と同じく、戦士、魔法使い、探検家の三つ。
性別も同じくアカウント情報に依存せず、作成時に選べるようになっていました。

プレミアテストなので、当然サーバーは一つ。とりあえずログインしてみましょう。

クリップボード01

マップはそれ程広くないにも関わらず、この少なさ。応募者が少なかったのでしょうか?
チャットは同じマップに居るプレイヤー全員に聞こえる、シャウトのようなもののみでWisなどは実装されていないそうです。

クリップボード02

基本的に装備可能なアイテムは同じようですが、前作で好評だった坊主は廃されたようです。
また、ゲージを消費して走るアクションが初期状態で出来るようになっています。

肝心の戦闘を見て頂きましょう。まずは戦士の戦闘模様です。



初期状態ではウィークターゲットを習得していました。ダメージ倍率が1.1数%と言う貧弱なスキルなので、言う程役には立ちません。
タブキーでターゲッティングした上で、Aで自動通常攻撃、ショートカットでスキルを発動といった形をとっている為、クリックゲーでは無さそうですが
長時間の狩りは苦痛になるように思えました。

また、各種回復薬にはクールタイムが設けられており、前作のようにマクロで連打は出来ません。
このクールタイムの仕組みがよく分からないもので、クールタイムのカウントが0秒になるまではアイテムは消費されても効果が出ないという不可思議な仕様になっています。
これがプレミアテストのバグなのか、意図的な仕様なのかは分かりません。

次に、魔法使いのマジックアローが面白かったので見て頂きましょう。



杖が消え、左手でかめはめ波なのか、波動拳なのかよく分からない技を繰り出します。

そして最後に、港町ドルロレとドルロレ平野のウォーキング。



非常に辛いと感じた狩りも、オープンβになると更に経験値の倍率が減少するそうです。
悲観的な意見の多いアッピーオンライン2ですが、雰囲気は相変わらずで悪い印象は受けませんでした。
相変わらずな雰囲気って何だ?と言いますと、これ程までに横殴りのしにくいゲームは無いと思います。

適当にログインして、会話するのも有りかな。なんて思いましたが、前作時代の知り合いはほとんどどこかへ行ってしまった僕に、このゲームは合いそうにないですね。

さて、今回のプレミアテストは、あまりに開発に時間を掛けすぎた為に、待っているユーザー離れを防ぐ為に強行したのでは無いか?と思える出来でした。
ちらほら廃人さんの名前も見かけましたが、2日目でこの人数は寂しい気がします。運営さんには頑張って頂きたいですね。


妨害工作

未だに運営を続けているアッピーオンラインのプライベートサーバーである林檎園の近況はと言うと・・・。
ステータスリセットアイテムである、転生の奥義書等を実装するまでに至っており
ゲーム内だけに限ると順調な運営を行えているようです。

しかし・・・

クリップボード02


どうやら、サービスを再開したばかりである韓国のアッピープレイヤーがサーバープログラムを入手すべく
妨害工作を行っているとの事。
「サーバープログラムを渡さなければ妨害する」との脅迫じみたメールも送られてきたそうです。
実際に開発状況を知らせるブログは閉鎖に追い込まれ、掲示板での重要な報告は上のように工夫がこなされています。

クリップボード01


2ちゃんねるのエミュ鯖スレッドにまで手を伸ばしていた韓国人ですが、こんな辺境の地にまで足を踏み入れたようです。
僕が英語に堪能であれば色々な事を聞きだせたのでしょうが、残念ながらそうではありませんでした。
話しかけてくるのであれば日本語をマスターしてから来るべきです。

 

Template Designed by めもらんだむ RSS
special thanks: Sky Ruins DW99 : aqua_3cpl Customized Version】